ニクシー時計:歴史

ニクシー時計

高校の四年生の時に、Nuts and Voltsという雑誌の2006年10月号ではニクシー時計について記事があった。2006年9月号ではPICマイクロコントローラを中心に構築された高電圧パワーサプライについて記事があった。PICマイクロコントローラをかなり時間前に実験されていたので、論理レベルの電圧から高電圧を発電するためにこのマイクロコントローラを使うのは興味をそそった。でも、そんな回路の使用がなかった。ニクシー時計について記事を見た後で、使用があった。それでは、eBayでウクライナからいくつかのニクシー管を買って働くようになった。

時計で一番大事な分はニクシー管である。部品が少数で小さい時計と作りたいので、4管の時計を選んだ。一番簡単なドライブ構成をインタネットで研究した。多くのデザインは直接高電圧で全部管の陽極をバイアスして、管あたり10トランジスタとデマルチプレクサや特別な高電圧のデマルチプレクサチップを使う。21の代わりに一つ部品は必要だから(一つ高電圧デマルチプレクサ対10トランジスタと10バイアス抵抗器と一つデマルチプレクサ)、高電圧デマルチプレクサが好きであった。別のサイトによると管の陽極の制御のためにスイッチを使って、全部の管の制御のために一つデマルチプレクサを使った。特別な高電圧のデマルチプレクサチップは高くて、管のようにウクライナから買わなくてはいけないので、この考えが好きであった。三つデマルチプレクサを八つトランジスタと八つバイアス抵抗器に取り替えるのはいい考えと思った。

それから、時刻を知る方法が分かる。Maxim/DallasのDS1340Cに決めた。そのチップはI²Cバスのインタフェスがあって、ビルトインの水晶振動子があるから、部品が少数であった。

時計の作り方を研究する時に、他の時計の写真をたくさん見た。度が過ぎる時計があり、簡単すぎる時計もあった。こぎれいで、現代的で、作りにくすぎない時計が欲しかった。度が過ぎる時計の中には青いLEDが管の下にあることが好きであった。管の下のスペーサの穴の直径と3mmのLEDの直径は同じだので、eBayで多数の青いLEDを買った。

ケースのために、アクリルから作った簡単なデザインに決めた。上部と下部は黒いアクリルから作って、側部は透明なアクリルから作るつもりであった。

時計のファームウェアはmikroElektronikamikroCを使って、Cで書くことに決めた。その統合開発環境とEasyPIC4の開発ボードをかなりの時間前に買った。

数ヶ月に広がる仕事の山の結果は上に述べる。

次: 電源
前: ニクシー時計

ja/projects/nixie-clock/history.txt · 最終更新: 2011/02/19 09:32 by alex
Recent changes RSS feed Creative Commons License Donate Minima Template by Wikidesign Driven by DokuWiki