XBoot

序論

XBootはATMEL AVRシリズの拡張可能でモジュラーなブートローダである。XBootは十分なメモリ搭載したATMEGAとXMEGAシリズの両方と互換性がある。AVR109互換性がありあるけど、XMEGAのユーザーと生産署名行のアクセスのため、XMEGA特定の拡張機能は必要である。一つの主な機能は複数のシリアルバスのサポートである。多くのブートローダはパソコンからRS232のプログラムのサポートがあるけど、XBootのモジュール方式ので任意のシリアルポートを介してコマンドの同じセットをサポートしている。現在、I²Cのサポートがある。これは簡単にXBoot搭載のチップのシステム内で再構成することを可能にする。他に、同じI²Cバスで複数の同じ構成のプロセサがあったら、I²Cのアドレスの自動ネゴシエーションのサポートしている。

機能

  • すべてのATMEL XMEGAシリーズマイクロコントローラをサポートしている
  • 十分なメモリ搭載したATMEGAシリズマイクロコントローラをサポートしている(4kブートスペースは必要である)
  • AVR109 (AVR Butterfly) 互換性のあるプロトコル
  • RS232,RS485,I²C,とFIFO通信
  • 非常に再構成
  • I²Cバスアドレスの自動ネゴシエーションをサポートしている(XMEGAだけ)

ドキュメンテーション

レポジトリ

最近のコミット

リンク

ja/xboot/start.txt · 最終更新: 2012/06/12 00:49 by alex
Recent changes RSS feed Creative Commons License Donate Minima Template by Wikidesign Driven by DokuWiki