差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
ja:projects:nixie-clock:history [2011/02/19 15:13]
alex
ja:projects:nixie-clock:history [2011/02/19 15:32] (現在)
alex
ライン 11: ライン 11:
 それから、時刻を知る方法が分かる。Maxim/​Dallasの[[http://​japan.maxim-ic.com/​quick_view2.cfm/​qv_pk/​3914|DS1340C]]に決めた。そのチップはI²Cバスのインタフェスがあって、ビルトインの水晶振動子があるから、部品が少数であった。 それから、時刻を知る方法が分かる。Maxim/​Dallasの[[http://​japan.maxim-ic.com/​quick_view2.cfm/​qv_pk/​3914|DS1340C]]に決めた。そのチップはI²Cバスのインタフェスがあって、ビルトインの水晶振動子があるから、部品が少数であった。
  
-時計の作り方を研究する時に、他の時計の写真をたくさん見た。度が過ぎる時計があり、簡単すぎる時計あった。こぎれいで、現代的で、作りにくすぎない時計が欲しかった。度が過ぎる時計の中には青いLEDが管の下にあることが好きであった。管の下のスペーサの穴の直径と3mmのLEDの直径は同じだので、eBayで多数の青いLEDを買った。+時計の作り方を研究する時に、他の時計の写真をたくさん見た。度が過ぎる時計があり、簡単すぎる時計あった。こぎれいで、現代的で、作りにくすぎない時計が欲しかった。度が過ぎる時計の中には青いLEDが管の下にあることが好きであった。管の下のスペーサの穴の直径と3mmのLEDの直径は同じだので、eBayで多数の青いLEDを買った。
  
 ケースのために、アクリルから作った簡単なデザインに決めた。上部と下部は黒いアクリルから作って、側部は透明なアクリルから作るつもりであった。 ケースのために、アクリルから作った簡単なデザインに決めた。上部と下部は黒いアクリルから作って、側部は透明なアクリルから作るつもりであった。
  
-時計のファームウェアは[[http://​www.mikroe.com/​|mikroElektronika]]の[[http://​www.mikroe.com/​en/​compilers/​mikroc/​pro/​pic/​|mikroC]]を使って、Cで書くことに決めた。その統合開発環境とEasyPIC4の開発ボードをかなりの時間前に買った。+時計のファームウェアは[[http://​www.mikroe.com/​|mikroElektronika]]の[[http://​www.mikroe.com/​en/​compilers/​mikroc/​pro/​pic/​|mikroC]]を使って、Cで書くことに決めた。その統合開発環境とEasyPIC4の開発ボードをかなりの時間前に買った。
  
 数ヶ月に広がる仕事の山の結果は上に述べる。 数ヶ月に広がる仕事の山の結果は上に述べる。
Recent changes RSS feed Creative Commons License Donate Minima Template by Wikidesign Driven by DokuWiki